2、基礎的コンテンツ

 デベロップ事業における広告、広報、営業ツールとしての情報伝達(コミュニケーション)手段、つまり、コミュニケーションツールとして考えられるものは先ず、1番に「言葉」です。2番に「文字」、3番に「絵」4番に「図面」5番に「3D図面」となります。もちろんデジタル化されたデータで、寸法が表示されます。
ⅰ、静止画には2次元(写真、ペイント画)、3次元(ポリゴン画)があります。
ⅱ、動画には2次元(撮影動画)、3次元(ポリゴン動画)が有ります。
デベロップ事業や他の事業でも閲覧デバイスの進化やICTの変革で、コンテンツの精度やコンテンツの目的で、製作の幅が大きく成っています。
事業に沿った経営戦略で、活用する事が急がれています。