3、取り纏めコンテンツ(多くの利害関係者間での確認、意見交換をするためのツール)

 デベロップ開発業務に於いて、住民視点で低炭素化社会、高齢化社会、環境化社会への取り組みが進んでいる。住民視点の方向性を無視したデベロップ(開発)などこれからはあり得ないのではないでしょうか。
日本にように山間地が大部分の国土を有する島国では自然災害が多い。又、世界的環境破壊による気候変動が起こりうる危険性が拡大する時代に公共地域との避難インフラが無いデベロップ計画がなされても、何も有効性を発揮しない開発事業に成り、入居者、住民の満足は有りうるのだろうか。
発電エネルギーや環境的課題や社会生活等での公共とのコミュニケーションが最優先に成る可能性が大である。各企業間でも早い着手が必要ではないだろうか。