「きずな」「共感」

 インターネットを通じてつながり、限りなくリアルとネットの境界線が無くなりつつあります。企業の一般的広告の効果が少なくなりつつあります。

売り手から消費者への広告から「One To One」マーケテイングへ。さらに購買支援からライフスタイルの提案マーケテイングへと変革しています。

又、ユーザー(生活者)はよりパーソナル化されたサービスを受けられるエンゲージメントが強い企業を使い、商品サービスや商品開発といった主体性を持った立場に成りつつあります。

企業はユーザー(生活者)とのコミュケーションを通じて様々なデジタルデータ(コンテンツ)を活用する

「ナレッジ」「知恵」が必要になる。



ユーザー(生活者)のエクスペリエンス(ユーザーの認知体験)の最大化が重要に!


CMS(コンテンツ マネジメント システム)

 顧客の認知体験を高める事が新しい顧客接点の場として期待されている。ユーザー(生活者)に対して顧客認知体験を高めるには各々のターゲットユーザーに応じた様々な「コンテキスト(文脈)に合わせたコンテンツを

提供する必要が有ります。企業は構成されたコンテンツを公開し、共有する事です。

構成化されたコンテンツを様々なユーザーのコンテキストに応じて提供する事には限界が有りますが、弊社は

コンテンツをデザインエンジニアリングで分類し、管理し、構成化されたコンテンツを様々なコンテキストに応じて編集するノウハウを有しています。


インバウンドマーケテイング

 各企業はWebサイトで魅力あるコンテンツを提供し続ける事で、見込み客となりそうな人々から検索してもらい、自社を見つけてもらい、Webサイトに訪れてもらう様に働きかけるマーケテイング

             「人々が求める情報が有ること」

 企業は質の高いコンテンツを準備すること、Webサイトでユーザー認知体験を高めること、Webサイトで課題を見出し継続的改善をして行くこと、見込み客に発見され、人々を引き付けるための対策が一つの軸となり、計画、運用される事が求められている。

 

 

 弊社は広告マーケティング活動からの創業です。新聞広告企画、イベント会場設置運用、管理企画等を致してまいりました。
このパラダイムチェンジ、転換の時代に備えたマーケティングおよび生産エンジニアリング企画活動を企業活動と致してまいりました。社会の構造変化の時代におけるマーケティングつまり、社会の顧客消費者と顧客企業に対するマーケティング活動の企画提案をする事が主業務であります。
もちろん、広告コンテンツ、設計コンテンツ、実施コンテンツを作成運用管理を致します。顧客企業の為の企画提案を致します。この「変革する時代」に必要とされる顧客企業の成長を徹頭徹尾考えぬき、真摯な気持ちと心からの共感を持って行動いたします。
 顧客企業に対して価値を明確に体感して頂きます。
 競争相手との差異を明確に致します。
 RS自社の価値を一貫した行動で守り続けます。
 顧客企業自ら成長を感じたとき、深い満足が生まれると思います。
 他の顧客企業を引き寄せ、最強の推奨者となってくださると思います。
 顧客企業と長期に渡り信頼関係を続ける事が大切だと考えます。

 

「情報を集め、知恵を使って最終決定を」

 懸命な経営者は目に見える財務インパクトだけでなく、収益効果を表現する管理会計的指標を活用されると思われます。又、社会的価値、環境的価値に共感し、未来を築く為ステークスホルダーとの関係を築かれるでありましょう。
消費者顧客を満足させる価値創造活動が出来るサプライチェーンを構築される事が重要さを増すので、優良な業者(サプライヤー)の選択が重要となるでしょう。

 

「日本型ものづくりの潮目が変わり始めた。」

 時代はIT技術活用を重視する為に、有能な人材が多様な作業をする従来型システムから、人材と技術を分けて行動するIT活用型システムへ転換し始めた。
優秀な人材に任せておけばよかった時代は過ぎ去り、企業独自の業務の強みをIT化と人材化に分けて業務を行う時代へ。
生産現場の情報が生産管理システムへつながり、又経営情報システムへもつながり、より効率的業務活動になります。業務活動の最適化は経営判断、設計判断、販売判断のスピードアップにつながると考えられます。

 

「生産性を上げる」

 社会は①顧客満足の変化、②市場の変化、③エネルギーの変化、⑤テクノロジーの変化、⑤グローバルな標準化の変化、⑥協議コミュニケーションの変化等、要求する要素が増え続けています。
人材評価で、今日の社会が必要としている要求要素が多くなり、「評価項目が多くなっています。」「評価要素が深くなっている。」のです。人材評価要素が今までとは大きく異なっているのです。
 つまり、これからの人材評価は、雑務はコンピュターに任せ、これから必要になる判断しなければならない要素に時間を振り分け、多くの要素判断を適格に遂行する能力が求められます。この新しい能力が評価されようとしています。この新しい能力は効果、成果を表し、多くの社会要求要素の早い判断に役立ち、貴社の生産性を上げると考えられます。

 

「信用を築く」

 プロジェクトを一つ小さなプロジェクトとして捉えれば、「要素数が少ないので、遅れた判断でも良い。」のですが、しかし、これからは多くの顧客要素を処理しなければなりません。生産性を上げなければ、無駄を多く生んで業務している事に成るのです。そして競争力の減退になり、信用を失う事に成ります。
プロジェクトをこれからの社会が要求している大きなプロジェクトとして捉えれば、つまり、「一つのプロジェクトではなく多数の要求項目を同時に進める、多大な多要素を含んだプロジェクトとして捉えれば」、多くの課題を同時に、早く解決する手段が必要と成ります。顧客満足を達成させ、競争力の増強に成ると考えられます。